気付きの旅・・・・・6w(;゚ロ゚)w!!

  • 2019.04.15 Monday
  • 00:04

 

気付きの旅が始まって・・・・・

札幌に出た時に、書店に寄りまして、

カードを見に行ったんですよね。

 

次に発売されたら欲しいなぁ〜〜

と、考えているカードの洋書版があったので、

それを上の子に見せる為に(≧∀≦)ゞ

 

その時に目についたカードが気になり

購入して来てしましました。

WORK YOUR LIGHTというカードです

(webからお借りしてきました。)

優しい感じの色使いで、絵柄も良い感じ。

見本のカードデッキには帯は付いていないので

帯の文字を見て買おう!!と思った訳ではないんですが・・・・・

買おう!!と決めて、販売用のデッキを持って

「直感・そして未来の自分と繋がる。」と

初めて帯に書かれているのを読み、

∑(〃゚ o ゚〃) ハッ!!今の私にピッタリ??

そう思って購入して来たからか?(笑)

 

帰宅して早々展開してみましたが

これが面白い!!

 

引いたカードが、周りから言われる事と近い内容で

(OoO;) ドッキーンッ!

やっぱりそこなのね。と、認めざるを得ないカードが

出て来る、出て来る・・・・・(;^_^A アセアセ・・・

 

このカードを使ってみてから少し内観は進みました。

そして過去世で視せられていた部分と

また別な角度から向き合わされているので

澱も出て来ています。

 

気付く事は、えっ( ̄△ ̄;)エッ・・?そこだったの?と

実は知ってることだったり理解もしてる部分なのに

今の私からは見え方、受け止め方が違ってて

そっち側からだと、こういうことだったのか〜〜。と

改めて発見させられ、そして腑に落とすことが出来て

スッキリさせて貰ってる感じがします。

 

例えば、過去blog

エジプトの若者エジプトの若者2

では、親に「認められたい」「愛されたい」の方が勝っていました。

そして、その傷にフォーカスされていましたが、

その答えは「認められていた」「愛されていた」と理解しているので

今回は別な方向からのアプローチをさせられたんです。

 

親に「認められたい」「愛されたい」という部分は

子供にとっては大切な事なのですが、それよりももっと大きな部分を

視れていなかった。気が付いていなかった。という事です。

 

王も自分の息子に安泰な国を受け継がせたい。と願い

若者の父親も同じように自分の地位を息子に受け継がせる為に

色々と知識を伝え身の安全を守り席を譲り継がせる様にしていたけど

叶いませんでした。

 

それって、王も若者の父親も我が子に対してそうしたい!!

の思考が先だったんですよね。

親なのでその気持ちは解ります。

けれど・・・・・

 

実は今回の内観で気付かされて事は

王の国には民が居ます(当たり前ですが(笑))

そして、若者の父親は天文から情報を読み取り

農作物を作るのに適した策をたてているポジション。

きちんと循環させれば。の話ですが・・・・・

国が潤えば、国民も潤うんですよね。

 

どちらも、国民の為に何かをしなくてはいけない立場。

それが段々と我が子の為にどうするかに重きが動き

その立場を守る事に思考を使って行く。

 

私利私欲だけに傾倒して〜〜と、

この二人は、そこまで行きついていませんけど

最初に目指した目的から軌道が微妙にズレていた。という事です。

 

それくらい若者は父親に

「愛され」「認められた」存在だったという事だったのです。

 

ただ、それが本来の道を見えなくしてしまったのも事実。

そうならない様に、

若者が気付いて軌道を変えることが出来ていたなら違っていた。

龍を作ってる場合じゃないだろう(*´ο`*)=3と・・・・・

今の私は声を大にして若者(カリン)に言いたい!!

そこに、初めから行きつかなかった私も、まだまだだなぁ〜〜と。

 

(;-o-)σォィォィ・・・お主!!

じゃ、オイラが居なくても良かったってことかい??

 

∑(〃゚ o ゚〃) ハッ!!黒龍!!

決して、そんな事は言ってないよ〜〜??

思ってもないよ??(;^_^A アセアセ・・・

居てくれて有難う〜〜。愛してるよ!!

☆⌒(*^-゚)v Thanks!!

 

うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞそうかい??

 

(゚-゚)(。_。)ウンウン。そうだよっ。

 

オイラいて良かったんだね?

 

(゚-゚)(。_。)ウンウン。当たり前じゃん!!居てくれて有難う。

これからも宜しくね。

 

お〜〜ょ。任せときなっ(-д☆)キラッ・・・・・。

(そ・そこまでは〜〜( ̄▽ ̄;)・・・・・)

こんな調子で、気付きの旅はまだ続きそうです。

 

ハートと光キラキラと全ての出会いに感謝を込めて…果鈴

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

*

**

***

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM