啓蟄・・・・・(〃゚ o ゚〃) ハッ!!

  • 2019.03.08 Friday
  • 00:04

 

この間blogをUPした日が

草木萌動(そうもくほうどう)という日でした

そして翌日、雨が降りましたw(;゚ロ゚)w!!

 

空から降るものが雪から雨に変わり

雪が溶け始める頃・・・・・

 

翌日に雨が降るとは〜〜(◎ ◎)!!

そして二十四節気の1つ啓蟄が6日

七十二候の1つ蟄虫啓戸(けっちゅうすごもりむしとをひらく)と

一緒に書かれていました

(webからお借りしてきました)

読み方で別な読みを書いている所もありましたが・・・・・

(webからお借りしてきました)

どっちなんだろう??意味は同じだろうけどね

 

冬籠りの虫たちが出て来る・・・・・という意味だそうです。

カレンダーには10日まで蟄虫啓戸と記されている。

その次が11日桃始笑(ももはじめてさく)〜15日まで。

(webからお借りしてきました)

桃の花が咲き始める・・・・・という意味だそうです。

 

今年はもう少し旧暦を意識して過ごしてみようと思っているので

旧暦が確認出来るアプリを使用してます。

これ、初めに入れた方アプリ表示の日付が二桁になると

写らない所が出て来て読めなくて

帯に短し襷に長しじゃん(− −;)イラッとなるので

思わず別な種類のも入れてしまいました(≧∀≦)ゞ

合わせて確認したら一石二鳥!!見やすい(¬w¬*)ウププ

面白いんですよね〜〜見てると。

現代人だけど、旧暦が日本人にあっているからか、

季節と旧暦が嚙み合っている感じがね。

 

お菓子造りは京都は旧暦で動いている。

そんな事をTV番組で観た事があります。

お茶に使うお菓子は季節を大切にしていますものね。

 

その時に色々な方のお話を聞いていて

「旧暦って凄いな〜」と改めて思ったので

今年は私も旧暦や二十四節気・七十二候を気にしてみようかと(笑)

 

目ぼしい行事は当たり前の様に行ったりしていましたけど、

他の二十四節気や七十二候も意識して感じてみようかなと。

 

飽きないうちは、時々ブログに登場すると思います。

(一応、1年間は気にしてみよう!!ってなノリですけどね)

 

今年の私はどこに意識を持って行かされるのか??なんですけど

偶然見たTV番組で

明治神宮の森は人工的に作られた森で、当初は100年を目標に

計画されて管理していたそうなんですが

 

周りが都会化しているにも関わらず現在100年を待たずして

原始の森へと成長している。という・・・・・

生息している昆虫や鳥類も年数を経て移り変わり

明治神宮と皇居にしか確認されていない昆虫もいるとか

 

初めは人の手で作られた人工の森だとしても

今は、原始の森に近づいている・・・・・そんな素敵なお話で

自然の力って凄いな〜〜。と。

 

昨年末から、色々な形で根底が似た情報を見せられているので

少しでもその答えが見付けられる様にしたいなぁ〜と

考えているところです。

まだまだ、未熟だから、顔晴らないと!!

仲間や友達と沢山シェアして学び愛いが出来たらいいなと思っております。

 

ハートと光キラキラと全ての出会いに感謝を込めて…果鈴

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

*

**

***

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM